高校生がネットで稼ぐなら、まずはネットバンクで口座をつくるべし。

高校生がネットで稼ぐなら、まずはネットバンクで口座をつくるべし。

こんにちは、MOMONGAです。

今回の内容は、
これからネットを使って稼ごうと思っている
すべての人に読んでもらいたい記事なのですが、

それは何かというと、

ネットで稼ぎたいなら、
なにはともあれ
まずはネットバンクで口座をつくれ、

ということです。
(まぁ、タイトルそのまんまなんですが。笑)

まず、
ものすごく
当たり前のことなんですが、

ネットでお金を稼ごうと思うのは、
当然お金を受け取りたいからですよね。

(何を言いたいんだ、
という感じかもしれませんが
大事な話なので
最後までみてください)

ですが、
いざお金を受け取ろうってなったときに
当然
銀行の口座がないと受け取れないわけです。

(間接的に受け取る方法もないことはないのですが、
いまは関係ないので割愛します。)

なのでネットでお金を稼ごうと思ったらまずはネットバンクで
口座を作るべきなんですよ。

それで、なぜ私がここまで
最初に銀行口座をつくることを強調するのかというと、

それはもし順番を間違えれば、
あなたは膨大な時間を
無駄にしてしまう可能性があるからです。

まず第一に、銀行口座開設には時間がかかります。

例えばあなたは料理をするときに、

よしじゃあオムライスを作ろう、
と思ったとして、

まず最初に、野菜から炒め始めますか?

違いますよね。

まずはご飯を炊いておかないと、

野菜をいためて
さあご飯を入れよう、ってなったときに

あ、やべ、ごはん炊いてなかったわ。

ってなると思います。

これってけっこう悲しいですよね。

なんせ
ごはんが炊けるまでの間、
余計に待たなくてはいけませんし、
その間も
私たちのお腹はすき続けるわけですから。

それで
挙句の果てに我慢できなくなって
カップラーメンとか開けてしまったら、
せっかくの私たちの野菜をいためたという努力は
完全に水の泡になってしまうわけです。

これがさらに
もし卵とかから焼いてしまっていたら、
もう最悪です。笑

何が言いたいのかといいますと、
優先順位が大事だよ、
っていうことです。

ネットバンク開設は
オムライスを作るうえでの

ご飯を炊く工程のようなものです。

つまり、ネットバンク開設を先送りをすると

他に
お金を稼ぐのに必要な作業を
すべて終わらせて

さあお金を受け取ろう、ってなったときに

あ、やべ、受け取る場所なかったわ。

ってなります。

これは悲しいどころの騒ぎじゃないですよね。

たいていネットバンクの口座開設は

最初に申請してから
速くて2週間、
遅いと1カ月ほどかかるので、

その間
あなたはなんにもすることもなく、

ただただ待ちぼうけになってしまうのです。

高校生の二週間って、
短いようで長いですよ。

だから
他に目移りせずに、
まずやるべきなのは
自分の口座を持つことなんです。

というわけで、このくらい言ったら

なにはともあれまずはネットバンクの口座を開設する、
というのが重要なんだな、
ということは
恐らく理解していただけたと思うのですが、

じゃあ
さっきからいってるそのネットバンクとはなんなのさ?
といいますと、

簡単にいうと、
ネット上でお金の取引ができる銀行のことです。

世の中には
大きく分けると二種類の銀行しかなくて、

それは
インターネット上で取引できる銀行と

そうじゃない、
つまり実際に銀行やATMまで行かないと
取引ができない銀行です。

そして
私たちはインターネット上でお金を稼ぎたいわけですから、

当然
ネットで取引のできる、
ネットバンクの口座を持たなければいけないわけです。

ちなみに口座というのは
twitterやgmailでいうところの
アカウントです。

twitterやgmailでアカウントを持つと
自分専用の友達との
メッセージを送受信できる窓口ができるわけですが、

ネットバンクでもそれと同じように
自分の口座をもつことで、
自分専用の
お金の取引をする窓口ができるわけです。

じゃあそこまではわかったから、

自分のネットバンク口座をもつために、
具体的に何をすればいいの?

といいますと、

ここからはまた少し
複雑な工程も入ってきますので

次の記事にて
説明していきたいと思います。

ネット銀行での口座開設は
一見すると複雑ですが、

初めに大まかな流れを把握しておくと
途中の些細なことで
つまずきにくくなります。

なのではじめはざっくりとでもいいので、
こんな感じで作るのか~、ほ~ん、
という気軽な気持ちで見てみてください。笑