引きこもりの人、うつの人、いろんなことから逃げまくってる人は、知識という名の武器をもて。

引きこもりの人、うつの人、いろんなことから逃げまくってる人は、知識という名の武器をもて。

 

こんにちは、ももんがです。

 

今回の話をしていく前に、

まず前提として。

 

私の主張としては、

つらくてつらくてどうしようもなくて、

自分だけの安心できる場所や、

誰にも危害を加えられない、安全地帯みたいなものがどこにもない人は、

まずは安全地帯まで

逃げて逃げて逃げまくれ、

というのがあります。

 

詳しくはこちらの記事に書いてあるので、

まだ読んでない人は見てみてください。↓

学校がつらくてつらくてしょうがない人は、とっとと逃げていい。そもそも高校はなんのためにいくところか?

 

それを前提としてこの話に入っていきたいと思いますが、

誰でも一生いろんなことから逃げ続けながら生きるのは、嫌だと思います。

 

まあ

「俺はあの逃げてるときのスリルがたまんねぇんだよ。」

っていうルパン三世みたいな人は、

どうぞそのまま人生楽しく生きていってください。笑

(泥棒は犯罪ですがね。)

 

まぁでもたいてい

引きこもりとか、つらいところから逃げてきた人に

スリルもへったくれもないですよね。

むしろ、はやくこの逃げ続ける人生から抜け出したい、

と思っている人が多いんじゃないでしょうか。

 

何度も言いますが、

私は一時避難として安全地帯に逃げ込むのは

悪いことではないと思うし、

つらいとき、逃げ場のない時っていうのは

むしろそういう選択を取ったほうがいいと思っています。

 

で、それを踏まえたうえで、

逃げたはいいけどいつまで逃げ続ければいいのかわからないし、

逃げたらすぐ楽になると思ってたけど全然何も変わらない…

というひとに向けて今回はお話ししたいと思います。

 

 

それで、いきなり結論から言っちゃうと、

 

逃げ続けなければいけないのは、

つらいことに太刀打ちできるだけの

武器を持っていないから。

 

です。

 

引きこもりになってしまってそこから抜け出せない人っていうのは、

たいてい自分の武器を持っていないんですね。

で、この武器を持てば

ちょっとくらいつらいことがあってもすぐ立ち直れるようになるよ、

っていうお話です。

 

まず、

具体的に武器ってなんなのかっていうと、

それは一言でいうと

知識

です。

そしてこの知識というのは、なにも学校で勉強するような知識や、

テレビのクイズ番組で出されるような知識だけではありません。

 

世の中がどんなふうに回っているのか、

学校や企業といった組織の本質は何なのか、

人はどういうときにどんな反応をするのか。

こういうのも、全部知識です。

 

だから、まずは、

自分を守るための知識をどんどん自分の中に蓄えましょう。

 

例えば、

人生ずっと逃げ続けなければいけなくなってしまったのは、

自分がくずだからとか性格がもともとそうだからじゃなくて、

ただ単に自分を守る武器としての知識をもってないってだけなんだよ、

っていうのも一つの知識ですよね。

 

他には、

実はうつ病というのは

精神論ではなくて、

運動や呼吸法といった方法論でかなり改善される問題なんですが、

そういうことも知らない人って結構多いと思います。

 

こういう知識を身につけることで

かなり人生は変わると思います。

つまり、

知識=武器

になるんですね。

 

で、そういう情報はどういうところにあるのかっていうと、

意外とyoutubeとかにあるんですよね。

 

ただ、まだまだうつ病の認識って人によって様々で、

youtubeは誰でも動画を投稿できるところなので

薬でないと治らない、って言っている人だとか、

なんならうつ病中の人が動画をとって治す方法を紹介していたりして、

 

それを参考にして本当によくなるのか?

っていわれると微妙なものも結構多いのが現状です。

 

なので

私が実際に参考にしてみて随分と気持ちが楽になったものをひとつ紹介させてもらうと、

例えば一昔前にテレビにめちゃくちゃ出まくってた

メンタリストのdaigoさんとか、

今は実はyoutubeチャンネルをやっていて、

実践的に人生全般を楽しいものにしていく方法を紹介されているので

おすすめです。

 

そして私もこのブログを通して

試してみてよかった方法はどんどん紹介しています。

 

 

そして、そういった情報を自分で選ぶときのコツとしては、

 

まず最初は精神論ではなくて

実践論で話している人の話を聞く、

 

ということです。

 

これはなぜかというと、

気持ちが極端に落ち込んでいるときっていうのは

実は脳の判断力をつかさどる機能が低下してしまっているからです。

 

要は、うまく物事を考えられなくなっている、

ということです。

 

だから頭の中だけでものを考えようと思っても、

ずーーっと同じところにはまってしまったりしてしまう、

っていうことがよくあります。

 

だからこそ、

実践的で、自分の生活の中ですぐに試せて結果もわかるものを知って、

それを実際に行動に移してみるのが大事になってきます。

 

で、もし実際にやってみて効果がなかったらすぐやめちゃえばいいし、

気持ちが少しだけど楽になった、みたいに

効果があったら続ければいいんです。

 

あとは、いきなりあんまりお金をかけようとしないほうがいいです。

 

何度も言いますが、

特にうつの人は

脳の中で正常な思考や判断を下す「扁桃体」とよばれる場所の機能が

弱まっているので、

そういうときに決めたものはあんまりあてにならないです。

 

なので、大きな決断は最低限に抑えておいて、

生活が戻ったら、その時に考えていたものを実際に行動に移すのか、

考え直してみればいいと思います。

 

 

というわけで話が若干それましたが、

 

毎日の生活を楽にするための実践的な知識をたくさん入れていって、

実際に生活の中で試してみて効果があったなら、

自分を守るための武器のひとつにしていってほしいと思います。

 

 

それで、実践するときのポイントとしては、

スモールステップを意識する、というのがあって、

これは簡単に言うと

ハードルを高くしすぎない、

ということですね。

 

とりあえずちょっとでも行動できたらできたってことにしちゃえばいいんです。

 

ここで書くと長くなってしまうので、詳しくは

こちらの記事を見てみてください。

→[来週には書きます。少々お待ちください]

 

 

 

そして最後にもうひとつ、

おまけ的な知識を読者の方に差し上げますね。

 

それは、

あなたが人生で経験してきたこと、

それも全部知識だということです。

 

どういうことかというと

例えば、

なにかのお店に行って、お金を払う代わりに商品をもらう、

という経験は誰でも一度はしたことがあると思いますが、

 

これって今まで何度も何度もそういう経験をしてきているから、

もしくはまわりの人たちがそういう経験をしてきているのを見てきたから、

 

当然お店に行ってあの紙切れ(お金)を出せば

自分がほしいものと交換してもらえるんだ、

という知識につながったんですよね。

 

他にも、

女の子にただ話しかけただけなのに

めちゃくちゃ嫌な顔された、という経験がある人は、

女の子は基本的に自分に話しかけられるのを喜ばない、

ということを知識としてみにつけます。

 

こんな風に、経験もすべて知識になるんです。

 

そして今までみにつけてきた知識をもとに

人間というのは行動するので、

 

引きこもりで何もできない、自分はなんてダメなやつなんだーーあーーーーーーー、

みたいになっている人はただ単に、

「自分はなんにもできない引きこもりで、本当にダメなやつだ。」

っていうことをこれまでの経験から知識として学んでしまっただけなんですよね。

 

ならば今度は逆に、

「自分は全然ダメなやつじゃないし、むしろ何ならちょっといいやつだな。」

っていうのを知識として学べばいいんです。

 

で、そういう知識をつけるには、そういう経験をすればいいわけなんですが、

その経験をするのが難しいんだろーが!

と言われそうですが、

それは、

いままで言ってきた「実践的な知識」をたくさん仕入れて、

たくさん試してみたら、

ひとつぐらいはあたって経験できます。

 

たくさんって言いましたが

私のブログで紹介している(これから紹介していく)方法は

けっこう誰にでも効果がある方法なので、

ちゃんとやってもらえればかなり効果はあると思います。

(ちゃんと、といってもそんな難しくないです。

ちょっと深呼吸をする、とか、そんな程度です。)

 

 

そんなふうに自分を楽にする方法を

ひとつ、またひとつ、と

積み重ねていけば、

自分のことをくずだとか生きてる意味なんてない、

とかって思うようなことも確実に減っていきますし、

少しずつ自信もついてくると思います。

 

だからまずはひとつだけでいいので、

何か試してみてください。

 

一歩動いてみるだけでそれだけで

ひとつ挑戦したってことになりますからね。

 

でなにかしら挑戦していれば

ひとつくらいうまくいったりします。

そうやって一個ずつ達成していけばいいんです。

 

というわけで、今回はこれで以上になります。

 

一つだけでいいので、何か試してみてください。