自立とは何か?自由とは何か?精神的自立をするために、経済的自立を達成する。

自立とは何か?自由とは何か?精神的自立をするために、経済的自立を達成する。

 

こんにちは、ももんがです。

 

今回はこのブログの副タイトルにもなっている、

「自立」についてお話していこうと思います。

 

まず、自立、と聞くと、

あなたはどのような状態を思い浮かべるでしょうか。

 

これを考えるために、自立の反対を考えてみると、

依存、という言葉が思い浮かぶと思います。

 

 

じゃあその依存して生きている状態ってどんな状態かといえば、

例えば

・親や結婚相手の収入で暮らしている

・日常生活において、自分の身の周りのことを親にやってもらっている

・人生を決める決断において、他人の意見に流されて自分の意図したものとは完全に異なるものでも選択し、

かつその選択に対して「自分で選んだ」という自覚がない

 

などがあげられると思います。

 

 

今簡単に三つ挙げましたが、

 

これは上から順番に

・経済的自立

・生活の自立

・精神的自立

ができていない状態とよべると思います。

 

 

そして高校生に限らず、生きていくうえで誰もが目指すべきなのは

「精神的自立」が達成された状態だと私は考えます。

 

 

精神的自立とは、簡単に言えば自分の選択全てに責任を持てるということ、

すなわち圧倒的な自己責任の考え方ができる状態です。

 

 

たとえばですが

本当に大切な約束をクライアントとしていたけれど、

飛行機が台風で飛ばなくなってしまい、

ドタキャンせざるを得なくなった時、

 

もちろんその飛行機に乗ろうとしていた人が悪かったわけではありません。

 

 

ですが、ドタキャンをして相手の時間を無駄にしてしまったことには変わりないので、

こういう時

「精神的自立」ができている人は

自分が関わって人に嫌な思いをさせたこと、

こういうのはすべて「自分の責任」だととらえるので、

そのドタキャンしたクライアントに次回あったとき

 

めちゃめちゃその人が好きな食事に連れていっておごる、など

何かしらの形で埋め合わせすると思います。

 

 

このように自分の責任でないものですら全部「自分の責任」

として考えて、

その埋め合わせまでコミットメントできる状態を私は

精神的自立ができている状態だと考えます。

 

 

そして、その精神的自立を達成するために避けて通れないのが、

「経済的自立」を達成することです。

 

どんなにいっぱしのことを言っても、

親のすねをかじっているようではやはり、

それは口先だけで

とても自立できている状態とは言えません。

 

 

そして、経済的に誰かに依存していると、

生きていくために、

その人の意見に迎合せざるを得なくなる時が必ず来ます。

 

 

それは、相手がお金を払ってくれているので、

相手の立場が必然的に高くなってしまうから仕方がないことなのです。

 

 

ですが、そんな風に誰かの顔色をうかがいながら生きていかなければいけない、というのは、

とても自立とは程遠い状態だと思います。

 

 

だから、

精神的自立とは、経済的自立から生まれるのです。

 

 

そして経済的自立を達成するために、

ネットビジネスというのは最適な手段です。

 

家に居ながらにしても、やろうと思えば稼げてしまいます。

 

というわけで、今回は少し短めの記事になりましたが、

みなさんも経済的自立を目指して頑張っていきましょう!